スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしき日々 攻略感想 あー面白かったぁー



ケロQ から発売中の 「素晴らしき日々」 の感想です。
ネタバレしか書いてないのでご注意を。

※考察とかではないです。
 ただ思いの丈を書きなぐっているだけです。




サクラの詩が発売されるとのことで急いでポチ。

前々から面白いとは聞いてはいたのですが、なんだかんだでスルーしてた作品でした。


追記は感想。






※最初は章ごとの感想とか書いてたけどなんかもう途中で疲れ果てたので思いの丈を書くだけの記事となり果てました。






あああああああああああああああああああああ!!
羽咲ちゃん可愛いよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

このゲームのヒロインは皆守であり、ヒロインは羽咲ちゃんだったんだよ!!!!!!!!


とは一概にも言えないんだよねー。

私は主人公は卓司でもあり、由岐でもあり、皆守でもあるって思ってるからなー。
まあ要するにあの三人格のお話かなぁ。



いやーにしても、まさか皆守が主人公に格上げされるとは思ってなかったなぁ。
公式のキャラクターページにも主人公とは書いてなかったし、まあストーリーの方ではバリバリのっていましたが。

あとあれ。
水上 みなかみ 皆守
由岐 ゆき 悠木

な る ほ ど !

ここはビックリしたなぁ。
それと三人は体を共有してたってお話。確かに考えてみりゃそんな描写あったなと。



あれ好き。
救世主様の演説。

「私は生まれ変わった!」
「何に?」
「救世主に」
「そう、救世主にだ!」

ああああああここすごく大好き。すげーかっこいいですもん。
とくに 「救世主に」 この台詞が好きすぎてたまりませんわ。何度もここだけリピートしましたね。

その後の 

「愚者は●●という!」
「しかし皆知っている、○○でないことを」

ここも好きですね。つか演説が大好きですわ。
今バックでAUTOで演説部分流してますけどかっこいいですもん。



あああああああああああああ!
羽咲ちゃん可愛すぎだよおおおおおおおおおおおおおおお!!


このゲームやっぱり面白さは第四章からでしたねぇ。
伏線回収もいいし、何より皆守視点ってのが最高によかったですし。謎を解いていく姿勢も最高でした。
そして羽咲ちゃんも出てくるしね!!!!!!!!!1

あ、とはいってもそれまでの話も勿論好きでしたよ。絶望まみれでしたが。
第二章のあれとか好きですよ。

狂気度が高いシーンたち。

・リルル登場
・ワタシ、マホウショウジョリルルヨ
・白リルルと黒リルルの戦争
・神 登 場 の 歌
・黒波動の発生源を押さえる
・裸族
・屋上での演奏会

こんなもんかな?
たぶん忘れてるだけでもっと狂気ポイントはあったような気がします。

特に印象が残っているのが
「ワタシ、マホウショウジョリルルヨ」
「白リルルと黒リルルの戦争」
「神登場の歌」
この三つの印象がすごかったですね。


まずリルルヨですが。
もうここの会話が狂っている以外になんといえばいいのか。
読んでて体力がどんどん奪われていきましたね。
逆再生始めたり、文字の順番入れ替えて発言したり…。そもそもこのリルルの存在自体があれなのにその上会話まであれだと色々おかしいですわ。

次にリルルの戦争。
なんですかあれ、バックグラウンドで流れるリルルのテケリリリリリリリリは。
ショゴスかよ。怖いわ。そしてあのシーン結構長いからずーっとリリリリリリリリリばっか聞こえてて疲れるわ。
もうなにがなんだかで本当に狂ってる。

して最後に神。
いやもう、これは大笑いしたわ。狂気とか以前に笑いますわ。
画像だけは有名すぎてどっかで見たことはあるんですが、実際に出会って知ってたとしても笑いました。
このゲーム…というか救世主様が狂っている。本当に笑いましたわここは。




そして第四章に戻り。

第四章本当に面白かったな。
マスターとかのキャラもすごい好きだし。なんか木村とかいう変人出てきますし。
これは嫌なキャラだなぁなんて最初は思ってたのに後から化けるし、良い意味で。


そう、木村とかいう奴ですよ。
この腹立たしいくせにかっこいいやつ。
もう大好き。ほんと好き。かっこよすぎる。

なんかもうこいつは羽咲ちゃんと関わっているときだけはくっそかっこいいんだよ…。

皆守に羽咲ちゃんは任せたいけど、次に任せていいと思えるのはやっぱこいつなんだよな…。
それぐらいかっこいいんだよこいつは…。


第五章の、

羽咲「もしとも兄さんに出会ったら…」
木村「・・・わかった、ここに連れて来ればいいんだね」

みたいな会話のところ。危うく泣きそうだった。木村で泣かされそうだった。
私はなんかこういうシーンに弱いんだよなぁ。他のゲームでもよくみられるけど。
こういうシーン本当に弱い。誰かを思いやってる+かっこいいシーンにはとてつもなく弱い。
そのかわり昔は弱かった別れのシーンとかには耐性がめっちゃついてそういうシーンでは泣けなくなっている。

こういう思いやりシーンで私の涙腺ぶっ壊すゲーム出てきてくれないかな。
・・・つか考えてみれば私が泣いたシーンってそういうシーンばっかだな。私のは別れシーンじゃなくてそういうシーンだったのか。やっと気付けた。


とにかく木村は最高でした。
1,2位を争うぐらいの好きです。羽咲は別格なのでカウントしていません。


木村も良いですけど、マスターも大好きだったなぁ。
この人面白いし…かっこいいし。
まさか由岐のお父さんだとは思わなかったですけどね。一度だけ出てきた胴着姿はビックリしましたけどね。
似合ってる(ただようオカマ臭)。



第四章に出てくる人たちがみんなかっこいいんですよね。
それと同時に救世主様に対する考えも変わったなぁ。かっこいいけどてめぇ!!みたいな感じに。




あーとは何か叫びたいことあったかなぁ。


羽咲ちゃん可愛い!!!!!!!!!
特に怒って両手を上にピーンって伸ばしてるところ大好き!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1
超好き!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1



何かあったかなー?



あー、まぁ。そうだなぁ。
まとめてしまうかぁ。



このゲームすっごく面白かったなぁ。

久しぶりに終わった後に心に穴が開いたような感覚を味わっています。
G線とかみたいに「ここのこうが面白かった!!」といったような感じではないんですが…。
思い返してみてもここが特筆して面白い!!と語れるわけではないんですが(神登場の歌とかそういう面はおいて)。

なんだろうなぁ。面白かったんだよすごく。かなり好きなゲームとして記憶されると思います。
大体が第四章以降のお話のことですけどね。
というか第三章までのお話は第四章以降のためのお話といってもいいと私は思っていますしね。

それだけ、皆守と羽咲のキャラが良かったんだろうなぁ。
その二人を取り巻く人たちもね。本当によかった。

このゲーム、一週目では泣かなかったけどなんだか二週目でなくことになりそうだなぁ。
先ほどいった木村のシーンとかで今度こそ泣きそうな予感がある。
それと18日の 救世主 VS 英雄 とかの時。あーでもこっちは大丈夫かな。さっき見直しちゃったし。

あー二週目が本当に楽しみ、では、あるんだが。
それと同時に辛いなぁとはやっぱり思いますね…。あの絶望に第二章と第三章をまたやろうねーってわけなんですからね。
いじめのお話はやっぱ読んでてごりごり削られますわ。特に第三章。あそこらへんゴリゴリ削られていましたわ。
第二章は飛ばすのは難しそうだけど第三章のいじめシーンはスキップかな…そこまでお話に関わっていませんでしたし。

そもそもざくろ自体根本のお話には関わってはいないキャラクターでしたしね。今回の事件のきっかけというだけで。
プレイ前は世界の鍵を握る少女的なものだと思っていたのに…。
実際は羽咲ちゃんでしたね。羽咲ちゃんだったのかな?羽咲ちゃんってことでいいや。
世界のお話の鍵を握っているのが羽咲ちゃんって言いかえるべきですかね。
世界の鍵を物理的に握っているのは恐らく彩名さんですからね…。


あー、本当第四章以降が面白すぎたなぁ。
プレイ直後ってのも大きな理由ではあると思うんですが本当に心に穴が開いた気分。
この感覚嬉しいんだけど辛いんだよなぁ。

こんな気持ちでプラマイウォーズできるかー!ってことでこの穴を素晴らしき日々2週目で埋めれば解決ですね><



とまあこんなもんかなぁ。

なんだかんだで素晴らしき日々私にとっては神ゲーだったかなぁ。
でも人をすごく選ぶゲームだったとは思う。

この調子でサクラの詩の期待度も高まりますわ。
絶対買いますもんこれ。こんなゲームやらされたらなんかもう地雷でも許しますわ。許さないけど。


あー羽咲ちゃん可愛かったし面白かったあああああああああああああ!!


私は大満足です。
お疲れ様でした。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。